FC2ブログ

“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

前回に引き続きまして、今回は矢沢永吉とビッグバンドの共演です。 番組は同じくNHK の 「夢・音楽館」 ですが、放送は松浦亜弥よりも 約8ヶ月早い 2003年10月23日でした。 バンドメンバーは、さすがは世界のロックスター(?)、 松浦亜弥の時とは一味違う バラエティに富んだ豪華ぶりで、MALTA ・ スティーブサックス ・ 小池修 (サックス) やスカパラの北原雅彦 (トロンボーン) 、 熱帯ジャズ楽団 の佐々木史郎 ・ 奥村晶 (トランペット) 、 それに松浦亜弥の時と同じ、村田陽一 (トロンボーン) 、 エリック宮城 (トランペット) 、近藤和彦 (サックス) などなど です。




 
画像にリンクが
貼ってあります。
バストロンボーン&バリトンサックスの低音バリバリ、トランペットのハイノート、間奏の早い4ビート、矢沢永吉のパフォーマンス。カメラワークも良く最高です。




 
先回紹介した
Embed (埋め込み)が
できない動画も
あるようです。
コチラは サックスのブロウとトランペットのハイノートが 非常にアダルティ~な逸曲です。 矢沢永吉は 時々クスッとしてしまう動きをするけどカッコイイですねぇ。皆に愛されるスターは、どこかデフォルメされてしまう特質・特徴があるんですよね。それで モノマネされる。 前回の松浦亜弥も 今回の矢沢永吉も 好んで聴くほど好きなアーティストではありませんが、こうして生のジャズバンドと対等に歌うライブを見ると、実力のある 偉大な歌い手=表現者である事が良く分かります。 … まぁそこそこの歌唱力が無きゃ企画自体が組まれないでしょうけど。

  オマケ動画 ( 動画移動後の場合は御了承下さい
同番組で放送された 小曽根真 (ピアノ) との共演です。ちゃんとしたリハーサルも無く、永ちゃんが 「こんな感じでヨロシクゥ!」 的に即興セッションスタート!

  関連記事 … 松浦亜弥とビッグバンド。
MALTA   熱帯ジャズ楽団   村田陽一   エリック宮城












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://buruyama.blog44.fc2.com/tb.php/66-d74aa2de

| ホーム |