“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

BSJAPANで放送されている “ROCK TIMES” という番組で、アース・ウィンド&ファイアー特集をやっていましたー。  MCのクリス・ペプラーが 音楽評論家の萩原(健太)さんに 「萩原さんにとってアースはどんなグループですか?」 と聞くと、「やっぱ16ビートってことかなぁ~。シンコペーション!」 と即答。 その後も “曲調で前期と後期に分けられる” など、なるほど( ´_ゝ`)フーンという 面白い発言をしていました。

初期のアースは、ジャズ&フュージョンの、女子供は聴くなよ的な、シンコペーションのカッコイイ硬派なバンドだったけど。 後期になると、16ビートの 裏の裏拍から “ダッ!” と入るような、ややこしい事はやめようと。 おじいちゃんもおばあちゃんも踊れるサウンドになっていった。 ディスコがアースを変えていった。 … と、Let’s Gloove を口ずさみながら チビっ子の御遊戯のように手を横に振る仕草をしていました。 なるほどー、時期による曲調の違いは気が付かなかった。 リアルタイムじゃなくて、コンピレイションやベスト盤とかで聴いてるからか。

  オマケ動画 (消えてたらすんません
     前期の曲? …               ウィキペディア
     後期の曲? …    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://buruyama.blog44.fc2.com/tb.php/332-78b54d6f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。