FC2ブログ

“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★


ズルい声質を持つオバカン(Over還暦)アーティスト:小田和正によるクリスマスの約束なんですけど。前回は沢山のアーティストをゲストに招いて “ 言葉にできない ” 歌の ・ 音楽の力を表現した、2000年代の集大成的ステージでした。で、今年は第10回 ・ 2ケタ台の初回 … 。そうかー、会場を変えてきたか。 しか~し!内容はというと 最近流行の?共演するだけの?なんだか御粗末なステージに感じてしまいました(近年のミュージックフェアみたいな、ごった煮な感じ)。今までのクリ約で見られた 小田さんの音楽的魅力?とでも言うか、あの声質で、ピアノ1本で弾き語ったり、アコギを弾いたり、エレキに持ち替えたり、はたまた バンドメンバーによるコーラスや各種ソロとかが好きだったんだけどなぁ。。。 今年は 何組かのアーティストが最初から最後まで出ずっぱりで、基本的には フロントに 小田さん 、スキマスイッチの大橋氏、スタダスの根本氏 がアコギを、その後ろの列に歌に徹する人が何人かって編成が固定で、どんな曲もアコギメインのフォークなアレンジで、テンポも120くらいの、変わりばえのない “ じゃーんじゃーか じゃーんじゃーか ” な演奏でした。 まぁ 鍵盤はスキマの常田氏が居るし、エレキはバンドの人に任せるから、ある意味 小田さんはアコギに徹するしかないんだけど。 唯一面白かったのは、他の曲よりビートがアップだった モンゴル800の 『 小さな恋のうた 』 だけだったなぁ … 。

関連過去記事 … クリ約2009はJゴスペル?
               ズルい還暦アーティスト。 (クリスマスの約束2008)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://buruyama.blog44.fc2.com/tb.php/209-114c7c5e

| ホーム |