FC2ブログ

“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

080817 NHK「BSまるごと大全集 作詞家・阿久悠の時代 ~ 時代を作り時代を紡いだ歌 ” より




   
 わくわく動物ランド
   小林亜星
先日 NHK-BSで放送された 『 BSまるごと大全集 作詞家・阿久悠の時代 ~ 時代を作り時代を紡いだ歌 』 を見ました~。 その時代にどんな出来事があって そしてこんな歌が生まれて … 的な、 近年よくある 阿久悠 特集のパターンを逸脱しない感じだったんですけど、その中で小林亜星がナルホドな~と思う事を言っていました。 

「1か0かっていうのがデジタルですね。 ところが阿久さんの場合はグレーゾーンが多いんです。1でもない0でもないって事がアナログですから。 … 人間にはグレーゾーンが必要で。まぁアートなんていうのはグレーゾーンが作るもので、1か0かで決めろって言ってできるものなんて、そりゃぁツマラナイ物ですね。」

つまり 阿久氏の歌詞は、 あまり決め付け過ぎず・抽象的な・創造性のある “あいまい” な表現が特徴で、そのあたりがアナログだというワケです。 考えてみれば、曲の方も 打ち込みの音色や演奏より生楽器や生演奏の方が良いし、映像作品においても、バリバリCGよりも 製作の裏側が見え隠れするような 特撮の方が味があると思うし、アニメで主人公が走る時に、背景のつなぎ目が見えたら なんか嬉しくなるし(変態か)。 … 阿久悠特番って 昔を懐かしむあまりに悲観的に感じてしまう事が多かったんだけど、 最近は逆に、アナログ世代 (なのか?) に生まれて良かったな~と思うようになりました。 生まれた時からインターネットが存在していた デジタル世代 にとっては、大袈裟だけど アナログの恩恵が少ないワケだし、情報を選択する能力がない年齢から情報が溢れかえっているワケで、 なんか色々めんどくさそう。 っつっても これ自体 アナログ世代の意見であり、デジタル世代にしてみりゃ な~んて事ないのか。 それこそ、アナログなんてツマラネーと思ってるのかもしれないし。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://buruyama.blog44.fc2.com/tb.php/125-4f53acaf

| ホーム |