FC2ブログ

“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★


MEDIA BAHN LIVE (DVD) [2005. Inst]
メディア・バーン・ライブ (CD) [1993. Inst]
坂本龍一

教授こと坂本龍一の、YMO散開後 初の全国ソロツアーを収めたライブ盤です。龍一さんはバリバリ好きなアーティストではありませんが、このライブは かなり好きです。曲が良いのはもちろん、管弦なしの5人バンド+3ボーカルでこのノリや分厚さが出せるのはスゴイしエンターテイメント性も高いです。 タイトなドラム、楽しいパーカッション、「DEAR LIZ」の緊迫感、日本語で歌う黒人さん、角刈りテクノカットで汗だくの教授などなど見所満載。 …世界のサカモトと言えば戦場のメリークリスマス、ラストエンペラーやエナジーフロウ (これは国内限定大衆曲ですが) など映画音楽や静かな音楽で有名ですが、メディアバーンライブはコンテンポラリーな教授が楽しめる必見・必聴のライブです。

DVDは、映像のカット割がやたら細かいとか ライブにもかかわらず曲をクロスフェードさせてしまっているという アーティスト泣かせの編集ですが、それでも充分楽しめます。ちなみにCDとDVDでは収録日が違ってたと思います、確か。

先日スカパーで放送されていた坂本さんピアノソロライブを見ました。なかなか良かったです。でもやっぱり昔の曲の方が好きです。なんか最近の曲は バリバリピアノ向けに作られている感じで、バンドサウンドをピアノ一本でやりました的な、アレンジの妙がない。…この辺はクラシック的な部分でしょうか。アレンジのない演奏だと、生演奏の良さが半減しますね。でもまぁ、ラストエンペラーが壮大で一番良かったです。他はAmore、Parolibre、そしてひとり連弾の千のナイフ、+33。この辺はテクノチックで面白かったです。 …戦メリのイントロなしアレンジはいかがなものかと…。

メディアバーンライブのバックバンドで、唯一日本人の小原礼(ベース)が参加している“サディスティック・ミカ・バンド”が復活したそうで。ボーカルはさておき、加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、小原礼といえば日本の大物ミュージシャン・フュージョン黎明期のメンバーだけに、楽しみですね。

ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。BLOOG-RANKINGってゆうサイトでした。yahooで検索すれば出てくると思います(^^)また見にきますね~!

2006.02.15 19:37 URL | サリナ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://buruyama.blog44.fc2.com/tb.php/12-7b604de5

| ホーム |