FC2ブログ

“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★




     
   ダン池田
   ニューブリード

 1977年5月2日放送
 夜のヒットスタジオより
   『 悲恋白書
    岩崎宏美
昭和歌謡界の発展を 伴奏で支えた名バンドマスター : ダン池田氏が亡くなられたそうです、というか昨年末に亡くなっていたそうです。 ダン氏率いる歌伴ビッグバンド “ ニューブリード ” は、 夜のヒットスタジオ紅白歌合戦レコード大賞 など多くの歌番組の伴奏を担っていました。 それらの映像を数年前にスカパーで見てからというもの、生演奏や歌謡曲の良さを改めて(新ためて)認識しまして。 もともと 筒美京平 を中心とした古き良き音楽に興味があった事や 高校のジャズ部で ビッグバンド をかじった経験などもプラス要素でしたけど ( 筒美京平への興味は 小沢健二 の 『 強い気持ち, 強い愛 』 まで遡る )。

ダン池田といえば一番有名なのは 良くも悪しくも 暴露本 。世間的には この本がダン氏を芸能界追放に追いやったとなってますけど、個人的には逆のように思います。これは氏が芸能界を辞めるにあたって吐いたツバのようなもので、生演奏などの音楽らしさを失っていく業界への怒りのメッセージのように感じました。 まぁ 結構 “やんちゃ” な発言もありましたけど (笑) 。 一番印象的だったのは 田原俊彦 がレコ大で最優秀新人賞?取った時の話。賞を取るとトロフィー貰って再度歌うんだけど、ダン氏もバンドメンバーも まさか田原俊彦が取るなんて有り得ないと思っていたらしく、楽譜を足元に捨てていたので 慌てふためいたとかなんとか。 最近の歌手の歌唱力は コムロ 旋風が吹き荒れていた頃よりはマシになりましたけど、それでも “ハァ?”っていう人いますねぇ。

  外部リンク … 産経ニュース  

関西で有名なビッグバンド、アロージャスオーケストラが、毎年ポップス系の歌手の方とジョイントコンサートをしてまして、一昨年に岩崎宏美さんが来てました。
私は行けなかったのですが、聴きにいった友人の弁によりますと、"今日は管楽器の方がいらっしゃるので、(踊ると)疲れるんですけど、シンデレラ・ハネムーン歌いましょう"となったそうです。
やっぱり、生演奏のコンサートは最高ですよね。

2009.01.17 04:01 URL | ギムリン #0AkgIWV. [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://buruyama.blog44.fc2.com/tb.php/106-3b22923e

| ホーム |