“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

デーモン = 悪魔 が乗り移った八代さん(笑)
ウ~ム、きくちPの考えがおかしな方向へまっしぐらなのか。。。 視聴率上げるためなら、 新旧歌手の抱き合わせ販売(ドラクエとバンゲリングベ○みたいな)も、もう歌ってない人や 俳優など別の分野の人を引っ張り出しても、ホントか怪しい口パク生演奏宣言もいい。曲数増やせば見る人が増えるかもしれないから、曲の前奏 間奏 終演 2コーラス目 やトークをカットしても、曲をクロスフェードさせても(重ねても)いい 。 ん~、この方向性では今後の歌謡祭も僕らの音楽もなんだかなぁ …。

感謝の言葉を贈る右のTK、 でもどこかよそよそしい左のTK
共演て、見る人によって どっちに転ぶか賭け的じゃないかなー。その中で面白いのもありました、もちろん個人的にだけど。やはり世間でも話題の、2人のTK共演は 言葉では表せない緊張感もあり面白かった。トモちゃんにしてみりゃ師匠な訳で感謝の思いなんだけど、コムテツにしてみりゃ別れた女、妻のケイコも見てるだろう、そりゃあやりにくかっただろうなぁ(余計なお世話か)。 でもコムテツが書いた曲はなくならないし、トモちゃんは イニシャルをTKにするために本名の下河原 朋美(しもがわら ともみ)を華原朋美にしたぐらいだし、切っても切れない関係な訳で。 トモちゃんの歌唱は昔より格段に上手で、当時は聴くのがしんどかった高音も楽に出せてる感じでした。

ちょっとジャズ的には…、ジャズ系アーティストが皆無になってしまったような。ホーンは西村さん(tp)も村田さん(tb)も(山本)拓夫さん(bs)も竹野(ts)さんも居らず、 ギターのオグオグ(小倉さん)も、弦一徹ストリングスも金原ストリングスもナシ。 けっして この人たちじゃなきゃダメってワケじゃないんだけど、なんつーか、ジャズ的要素がガターンと減っちゃう感じ。 バンドがこんな感じなら、今後は当たるか当たらないか分からない共演を期待するしかないか。 それにしても古い曲をやればやるほど(筒美)京平さんの曲が増えるなぁ(笑)。今回の曲数、京平さん → 織田哲さん → コムテツの順だった。 中西圭三のチューチュートレインて生演奏の年もなかったっけ ブツブツ。

  関連過去記事 … FNS歌謡祭 記事一覧

  外部リンク
     FNS歌謡際 公式ページ   きくちPの音組収録日記
         ヤホー “FNS” 動画検索結果
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。