“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ズルい声質を持つオバカン(Over還暦)アーティスト:小田和正によるクリスマスの約束なんですけど。前回は沢山のアーティストをゲストに招いて “ 言葉にできない ” 歌の ・ 音楽の力を表現した、2000年代の集大成的ステージでした。で、今年は第10回 ・ 2ケタ台の初回 … 。そうかー、会場を変えてきたか。 しか~し!内容はというと 最近流行の?共演するだけの?なんだか御粗末なステージに感じてしまいました(近年のミュージックフェアみたいな、ごった煮な感じ)。今までのクリ約で見られた 小田さんの音楽的魅力?とでも言うか、あの声質で、ピアノ1本で弾き語ったり、アコギを弾いたり、エレキに持ち替えたり、はたまた バンドメンバーによるコーラスや各種ソロとかが好きだったんだけどなぁ。。。 今年は 何組かのアーティストが最初から最後まで出ずっぱりで、基本的には フロントに 小田さん 、スキマスイッチの大橋氏、スタダスの根本氏 がアコギを、その後ろの列に歌に徹する人が何人かって編成が固定で、どんな曲もアコギメインのフォークなアレンジで、テンポも120くらいの、変わりばえのない “ じゃーんじゃーか じゃーんじゃーか ” な演奏でした。 まぁ 鍵盤はスキマの常田氏が居るし、エレキはバンドの人に任せるから、ある意味 小田さんはアコギに徹するしかないんだけど。 唯一面白かったのは、他の曲よりビートがアップだった モンゴル800の 『 小さな恋のうた 』 だけだったなぁ … 。

関連過去記事 … クリ約2009はJゴスペル?
               ズルい還暦アーティスト。 (クリスマスの約束2008)
スポンサーサイト

マッチとライトハンドなヨシオさん
NHKの 『 SONGS 』 で マッチこと近藤真彦さんを見ました~。ニッポンのオールディーズとでもいうか、80年代の古き良き音楽を、“ちゃんとした編成”のバンドサウンドで楽しめました。スペシャルメドレー(続けてやっただけでメドレーとは…?)で 山下達郎・馬飼野康二 の曲に続いて筒美京平による 『 ふられてBANZAI 』 になった時、ガラリと変わった16ビートにニヤリ。 来週のPart2も楽しみです。 … 8ビート主体のバンドサウンドが多くなり 歌謡曲からJ-POPへ。歌伴フルバンドの衰退は必然だったのか。。。

スラップベースとホーンセクション
hikimanefns.jpg
            福山雅治 豪華当て振りバンド 
       パーカッション : 三沢またろう   キーボード : 井上鑑
トロンボーン : 村田陽一 トランペット : 中野勇介 テナーサックス : 竹野昌邦
        (画像に映ってる人以外のメンバーは コチラ を参照 )

FNS歌謡祭についての記述をサーフィンして楽しんでるんですが。村田さん(トロンボーン)のツイッターを見てたら、なんとやっぱり!FNS歌謡祭における福山雅治の 『 Hello 』 ステージは当て振りだったそうです。 “ カラオケはバリトンサックスしか鳴ってない ” というのも御名答で(笑)。ツイッター、登録はしたものの呟いたこともなければ ほとんど見てなかったんですけど、情報が得られる事もありそうなので要チェックかも。RSSを発信してるようなので、気になる人のページをリーダーで読めば便利ですね。
FNS歌謡祭2010より
今年の武部さんは、SMAP、コブクロ、郷ひろみ、槇原敬之、加山雄三、氷川きよし、近藤真彦 などなどのバックで、計42曲? アコースティックピアノに徹しておられました。お疲れ様でした~。 … しかーし!今年は 当ブログでブツブツ書き始めて以来&記憶にある限り 最もイマイチでした。。。去年も同じような事を書いたんですが、とにかくホーンセクションがないがしろ。なんと全74曲中たったの1曲に、村田さん(TB)+竹野さん(TS)と誰か(TP スンマセン判りませんでした)が参加されてたんですが、これがなんと当てぶりっぽかった。信じ難い事だけど、TBもTPの音もゼンゼン聞き取れなかったし、居ないはずのバリトンサックスの音が聞こえたし。なんすかこれ?状態。。。それに対してストリングスは ほとんどの曲に参加。村田さんもブログで嘆いてらっしゃったけど ほんとにどうなってるんでしょうね、時代の流れ?なんでしょうか。ひとつだけ思ったのは、管楽器は男性アーティストが多いから?女性奏者が多い弦の方が見た目的にはイイとか。んなワケないか(笑)。 … 管楽器が居るべき曲で管楽器がないと、なんだかな~って感じに。ゴールドフィンガー、あの鐘を鳴らすのはあなた とか。それらの曲で ホーンをシンセブラスで弾くとショボい感じに。管楽器が居るバンド=ラッツ&スターや米米クラブの曲を管ナシでやるなんて、バンドや楽曲に対して失礼だ。 70年代後半までは 歌伴をフルバンド(ジャズビッグバンド)が演るのが主流だったワケで、NHKの歌謡コンサートでは今でも三原綱木率いるニューブリードが担っているのに。夜ヒットでダン(池田)さん率いるニューブリードを使ってたフジテレビが 管楽器のバンドを使わないのは 歌謡界に対する冒涜では???

今年のテーマは 『 最強のコラボレーション!!』 そういえば去年は 『 奇跡のコラボ 』 とか表現してたっけ。なによ史上最強って。共演に強弱があるのか???じゃあ弱いコラボってなんだ。 あと曲数が多すぎる。 時間がないからか、進行がせわしない感じだった。曲紹介に被せて曲がスタートしたり、唐突に終演するような曲も少なくなかったし。もしや、サクサク進行したいが為の 黒木さん外しっすか? … なんだかな~、もっと1曲1曲を大事に・丁寧に・フルコーラスで・楽器の種類やジャンルなどに偏ることなくやればイイのになぁ。しょうがないか数字を求める大衆局の大衆番組だから。英国BBCのジュールズ倶楽部のようにはいかないか。

『 め組のひと 』 鈴木雅之×倖田來未
   シンセブラスしょぼっ。倖田さんトークで砕け過ぎみっともない。ネットでも評判悪し。
『 渋谷で5時 』 鈴木雅之×菊池桃子
   シンセブラスでsfzを懸命に表現。なんだかなぁ。
『 Graduation 』 平家派
   へぇ~、これは約20年前?リアルタイムで聴いてたので懐かしい。
   詳しくは判らないけど初演ではないみたい。今年のFNS歌謡大賞ものだ(笑)。
『 花とみつばち 』 郷ひろみ×AKB48
   筒美京平ソング。管楽器が欲しかったなぁ。ナイス選曲賞。
『 楓 』 Supurfly×秦基博 
   スピッツの曲をスピッツなしで?なんか違和感。。。
『 Hello 』 福山雅治 
   小倉Gt 井上Kb 山木Dr などなどそうそうたるメンバーだけど…。
   アコギのストロークが合ってないし弾きマネ???
『 タイガー&ドラゴン 』 横山剣×長瀬智也 
   イ~ネッ!の剣さんが居てバンドが居ないのは違和感極まりない。
   間奏なしの短縮バージョン。

    関連過去記事
       FNS歌謡祭 は 武部聡志祭 2009。
       FNS歌謡祭 は 武部聡志祭 2008。
       FNS歌謡祭 は 武部聡志祭 2007。
       FNS歌謡祭 は 武部聡志祭 2006。





       
    休養中の
   岡村さんを支えた
  ジャンボチョコモナカ
いや~良かった。 岡村さんが居ない間 本当に淋しかったです (もちろん矢部っちが頑張ってくれてましたが)。ものの考え方や佇まいが似てると勝手に思い込んでいる ・ 勝手にクロスオーバーさせてる僕にとって、岡村さんの復帰は嬉しくて嬉しくて仕方がないのですが、いかんせん活字では上手く表現できず … 。 昨晩のオールナイトのエンディングトークでは、矢部ジュニの歌を “ うっさいわぁ ” と言いながらも リスナーに感謝の言葉を述べるとともに、 今後の活動を約束してくれた岡村さんの言葉に泣けました。

人気者だけに?みんなが待ってるだけに?世間やマスコミがはやし立てて、“ 暖かい気持ちで待っててあげる ” のとは掛け離れた情報が多いように感じました。復帰の誤報が何回もあったり、癌センターで見たというウソや、もっともらしい文章で「病名はウツだ」と決めつけたり。復帰後も2chを中心に “ まだダメじゃね? ” 的な、 善しとしない意見が多く見られるのは残念です。いや、半年近く病院にこもってた人が イキナリ無理ですよ。ずっと喋ってなかったんだから声もガラガラになるでしょう。 … 岡村さん、ゆっくりでイイので元気になってくださいね。昨晩のオールナイトは、2時間コーナーなし音楽なしのトーク満載で サイコーでした。 本当のホーム?に帰ってきた岡村さんも嬉しそうで、言葉のマシンガンが止まらず矢部っちが 提供読みに行けず困るほど(笑)。矢部っちも終始ヘラヘラでした。来週は、岡村さんが休養中に何をしてたのか リスナーが教えてくれる?ネタハガキコーナーあり、さらに再来週は岡村さん自身がカウントダウン方式で語るコーナーありのスペシャルウィーク。絶対に聴くように~!

   ナインティナインのオールナイトニッポン 2010年12月2日放送分
          ( 削除後の場合は御了承下さい

   当ブログ ナイナイさん関連記事 一覧は コチラ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。