“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日の演奏






        
  いやいや 音楽を聴きに来たので
  メシもドリンクも要りませ~ん
      
作編曲に演奏もナイスなスーパーミュージシャン : 村田陽一さん率いるソリッドブラスのファーストツアー(?)ファイナル、名古屋TOKUZOでの生演奏を体感してきました~! 生村田さんは去年6月の浜松以来2回目なんですけど、浜松はランディ・ブレッカーをゲストに迎えた大ホールでの演奏だったのに対して 今回は至近距離で見られるライブハウス、ゲストドラマーの渡嘉敷祐一さんとの息もピッ … タシ!の、音圧ギッシギシの素ん晴らしいステージでした! いや~ 皆さんプロのミュージシャンですから当たり前のことかもしれませんけど、楽器を体の一部の様に・声を出すように 自由自在に操っていました。

個人的な話 トロンボーンをやっていた事もあるので 人一倍村田さんの演奏に釘付けになったんですが、楽器の特徴である広い音域や 音色の豊かさがとても良く感じられる 素晴らしい演奏でした。 ファンクやブラスロックではアタックの強い・はちきれんばかりの・まさしくソリッドな存在感のある音色で、 『Three Views Of A Secret』 などでは優しい・丸い音色で。 あ~そういえば “ トロンボーンは 音色が人の声に一番似てる楽器だ ” なんて話も聞いた事あるなぁ~ と思い出したり。 … また、サックスはソプラノ・アルト・テナー・バリトンと音域ごとに種類があるし、トランペットの人はフリューゲルに持ち替えたりするのに対して トロンボーンはテナーかバス、まぁその “あいのこ” のテナーバスってのもあるけど まず持ち替えたりしないよな~ などと楽器の音域について由無し事を考えたりしました~。

あと気になったのはチューバの佐藤潔さん。フツーの良くあるバンドでは弦楽器のベースが担うパートを、管楽器でず~っと吹き続けるのが (単純っちゃー単純だけど) スゴイ! 佐藤さんのチューバはソ リッドブラスの一番の特徴と言っても良いくらいで、まさにバンドに欠かせない存在です。 … 学生時代に 体育祭で行進曲を演奏する事もあったんですけど(今思えば顧問の先生がビッグバンド編成に書き換えてたんだなぁ)、トロンボーンの4thは延々と裏打ちを繰り返す曲もあったので 管楽器でベースを担うのって大変だろうな~としみじみ。息継ぎがしんどいのと、休みなく続けなアカンのでマウスピースが唾でグッチャグチャになってきたり。いや~ スゴイです。

そしてなんと言っても音圧!何本もの管楽器が重なった響き・音量・音圧で脳髄を刺激される あの感覚(ヘンタイか)は、これまた学生時代の話だけど 狭い部室で全員輪になって1時間音階・ロングトーンをやった時の、あの時の耳がポーンてなる感じだ。 しかもこれはプロのミュージシャンによる完璧な・比類なきブラスアンサンブル!サムスカンクファンクの中盤 マイケルブレッカーのソロをみんなでソリっちゃう部分、特にトランペットが入ってきた時には もう最高潮で 笑いが止まらない程でした(やっぱりヘンタイか)。 … そうです、村田さんの やや右前2m位で終始ニヤニヤして聴いてたのは僕です(笑)。何回か目が合っちゃった。キャー! (アホか)

最後のチキンも良かったなぁ。アルバム 『DICADE』 に収録されている、 まるで曲の途中からはじまるような “そうきたか!” 的なアレンジで これまたニヤニヤ。 … いや~ 本当に行って良かったです。村田さん、メンバーの皆さんお疲れ様でした!ありがとうございました!是非また名古屋に来てください。そして今度は高速ドナリーをお願いします♪あとカメレオンも。  … ところでポンタさんてどうしたんかな?禁句なのかな~ ブツブツ。。。

    オマケ動画 …  『 Bad Attitude
今回のツアーに近い動画です!ドラムの東原さん(ナニワエキスプレスの人だっけ)以外は今回のツアーメンバーと同じ方。会場の感じとか皆さんの位置とかもそのまんま。そういえば動画撮ってるって言ってたっけ。そのうちどっかに出すかもって。これは今回のツアーと違いそうだけど。

     外部リンク  … 村田さんのブログ
    関連過去記事 … 村田陽一@浜松ジャズフェス。
スポンサーサイト





    
 1975年11月24日に
  放送された回より
今 個人的に一番楽しみにしてるテレビ番組、スカパーのフジテレビチャンネルで放送されている昔の 『夜のヒットスタジオ』 ですけど。 作曲家:筒美京平&作詞家:阿久悠による名曲の歌い手:岩崎宏美が登場するようになってきたし、番組で歌われる楽曲が 有名作曲家によるもの目白押しの時代になってきたので、さらにさらに楽しみになってきました~。

これら夜ヒットの再放送は数年前から始まっていたんですけど、その時は確か1976年辺りから1980年代半ば頃?までが順番に放送されていました。 その後、スカパーのHD画像化に伴った?フジテレビのチャンネル改変があって、それまで再放送した分よりも さらに遡った年代から ・ また、権利の関係でそれまで放送できなかった回など (ジャニーズはキビシイとか) も新たに加えられて、改めて放送が始まりました。 … なんだろう、半田健人や中川翔子など若い人でも 古き良き物に価値を見出す人が増えたみたいな 時代の流行もあるのか判りませんけど、スカパーフジテレビチャンネルのキラータイトルになってるな~と思うのは僕だけでしょうか ブツブツ。。。 … 70年代後半ってイイなぁ。しみじみ。

  関連過去記事 … 音楽番組の歴史。
               歌謡曲が好きだー。
               【訃報】 ダン池田。 ~ 生演奏と共に生きた男 ~
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。