“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
081019 テレビ東京 『みゅーじん』 より




    
 081019 テレビ東京
  『みゅーじん』 より
   野音?での一幕
先日 テレビ東京で放送された 『みゅーじん』 を見ました~。 今回フィーチャーされたのは、 カシオペア と共に日本のフュージョンミュージックを盛り上げてきた T-スクエア 。 印象的だったのは、リーダーの安藤正容が 「僕らの音楽はメロディ重視の “ ポップ ” インストゥルメンタルであり、ずっとそれを貫いてきたんです」 的な発言をしていたことです。 確かにスクエアはポップで聴き易く、8ビートメインのキャッチーなサウンドは 16ビートメインの技巧派バンド : カシオペアとは対照的です (というような事は以前にも書きましたけど) 。

スクエアはメンバーの入れ替わりが激しくて、昔 タモリの音楽番組に出演した際には タモリに 「安藤君の人間性が疑われますね」 と揶揄されたほど (笑)。OBの多いスクエアは近年、イベントごとに旧メンバーを集めてる感が否めないんですけど、個人的に好きな時代を築いたフロントマン : 本田雅人 が必ず参加しないのは何か意味があるのかなー???本田さんは、弾ける(吹ける)楽器も幅広いし 作曲も出来るテクニカルなミュージシャン=カシオペア的だからか? ん~、不思議。

  スクエア&カシオペア テレビ初競演 動画 ( 削除後は御了承ください
      T-SQUARE & CASIOPEA ~ 相関図 ~
      T-SQUARE & CASIOPEA ~ テクニック対決 ~
      T-SQUARE & CASIOPEA ~ GET BACKでセッション ~
スポンサーサイト
ジャケじゃけぇ
綺麗ア・ラ・モード [2008. J-POP]      試聴する
  中川翔子
鉄板 です(笑)。 作曲は、当ブログいち押しの偉大なる作曲家 : 筒美京平 氏で、作詞は 筒美さんと共に数々の名曲を世に送り出してきた 松本隆 。 筒美さんの曲調としては、管弦入りのノリノリ16ビートとか 渋谷系 のポップなヤツが好きなんだけど、こういうのも良いですねぇ。 音的には打ち込みなので新しい感じがしますが、これをビッグバンドの生伴奏でやったら 歌謡曲的な ・ 南沙織 あたりが歌ったら良さそうな感じ … っていうのはオッサン的発想か (笑)。  中川さんのシングルをちゃんと聴いた事はないんだけど、この曲は彼女らしさが良く出てるんじゃないかなぁ。 アニソンのカバーなんかは、良くも悪しくも オリジナルの歌い方をなぞってる感じだったので。  まぁある意味 アーティストって皆、 誰かしら何かしらに影響を受けてるワケですけどねぇ ブツブツ。

  削除後は御了承ください
ジャケじゃけぇ
Beyond Standard [2008. Jazz]      試聴する
  上原ひろみ
ラーメン大好き上原さん(笑)が スタンダードをカバーしちゃったアルバムです。 ギターが歌う 『上を向いて歩こう』 や 『マイ・フェイバリット・シング』 はノリづらくて聴きにくいんですが、プログレ風 『キャラバン』 、ギターメインのファンク系フュージョン 『レッド・ブーツ』 、楽しい高速 ラグタイム の 『アイ・ガット・リズム』 などが収録されています。 … って言うかラグタイムなのか?ブギウギなのか?違いが良く分かんないけど まぁいいや。(ノ><)ノ

  上原さん過去記事 … 上原ひろみはプログレジャズ。

  上原さん関連動画 ( 削除後は御了承ください
      アイ・ガット・リズム@モントリオール   手拍子イラネ (゜⊿゜)
      トムとジェリー
      【オマケ】 誰かさんのラグタイム演奏   Mr.スズキックスか?(笑)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。