“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんか最近良く耳にする ( と言っても発売は8月下旬だけど) 中島美嘉 の 『 LIFE 』 、 小室 チックで なかなか 面白い曲です。 全体的なメロディライン、90年代後半に流行った急な音程移動 ( サビ後半の 「♪ずっと長い間~」 とか) 、鍵盤のフレーズ 、打ち込みドラムの音色や符割りなど とにかく小室テイスト満載。 終盤、転調してサビを繰り返せば もっと良いのに … ブツブツ 。




   この髪型は
   カーペンターズ
   カレン とか、古き良き
   時代の髪型ですね。
スポンサーサイト

April in Paris [1955. Jazz]      試聴する
Count Basie
ビッグバンドの王様 : カウント・ベイシー (ピアノ) の1955年録音作品、エイプリル・イン・パリです。 ベイシー楽団は、全国のアマチュアビッグバンドが こぞってコピーする世界一のビッグバンド。 ベスト盤を含め 多くのアルバムが発売されていますが、この盤は その中でもかなりメジャーな1枚で、10曲目の 『ディナー・ウィズ・フレンズ』 が フジテレビ系 バラエティ番組 『(人志松本の) すべらない話 』 で使われています。 番組の尺に合わせて、曲の前後を切り貼りしてグチャグチャに編集されてますけど。 … 9・10曲目は 熱帯ジャズ楽団 がカバーしており、コチラもオススメ。 『 マンボ・イン 』 は もともとラテンナンバーなので わりとオリジナルに忠実ですけど、 『 ディナー・ウィズ・フレンズ 』 の方は 熱帯らしい 陽気で楽しい ナイスなアレンジになってます。

5曲目の『 Magic 』 は ブライアン・セッツァー の 『 This Cat's On A Hot Tin Roof 』 を思い出すなー ブツブツ。
当ブログでイチオシのアーティスト : エリック宮城 (トランペット)率いるEMバンドの動画を見つけたので紹介します~。 これはエリックさんの1stソロアルバム 『 KICK UP 』 発売に合わせて行われたライブで、ほぼアルバムの曲順に7曲+ファーガソンナンバーを数曲演奏するという 貴重なステージ。 映像は、アルバムでは10曲目の高速スウィングナンバー 『Kick Up』 の映像です。



    放送での曲目
  『Blue Interlude』 は
    間違いですね
    ( 修正後 )
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。