“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


ボトムレス・ウィッチ
[1996. J-POP]
鈴木蘭々

筒美京平プロデュースしかも全曲作曲というチカラ入りまくりの作品で~す。 鈴木蘭々はその昔ポンキッキで 安室奈美恵 と コーナーやってましたけど、 蘭々の方が 歌上手だったような気も。 こーゆーバラエティ系の人の方が、 意外と歌が上手い。 森口博子とか 千秋とか友近とか、品川(品川庄司)とか松本(レギュラー)とか。 モノマネやる人は特に上手い。 ぐっさん(ドンドコドン)、コージー&原口しかり。 … 曲の方は、浅野ゆう子、弘田三枝子、郷ひろみのカバー3曲 とオリジナル7曲 という構成で、ロックンロールからモータウン系までバラエティに富んだ曲調。バンド編成は、ほぼ全曲ホーン&コーラス入りという文句なし。ゲストも 山本拓夫(テナーサックス)、小池修(サックス)、朝本浩史(キーボード)、鈴木茂(ギター)、村田陽一(トロンボーン)などなど、豪華な顔ぶれ。 … 昔 平井堅もラジオで言ってましたが、コーラスはやっぱりコーラス隊がイイ。 最近の打ち込みバレバレ音楽は、コーラス(ハモリ)も自分の声だからつまらない。どの音楽番組でも同じカラオケ・同じ衣装・同じ歌い方 (時にはクチパク)。だからトークでオモシロ味を出すしかない。

  参考 … 筒美京平ファンサイト “たつぼーの演奏会”

… 僕が筒美京平を知ったのは十数年前の事、 曲は小沢健二の 『強い気持ち、強い愛』 でした。16 ビートに キャッチーなメロディーと 壮大な管弦オーケストラが乗っかる形の、 筒美京平お得意の “和製ディスコサウンド” 的名曲です。 … その後 最近になって、スカパーで 夜のヒットスタジオの再放送を見始めて以来、すっかり懐メロにハマってしまい。 名前を聞いたことがある程度で、( ´_ゝ`) フーン という感じだった筒美京平の作品を本格的にチェックしたら、ハマるハマる(笑)。 『ブルーライトヨコハマ』 『また逢う日まで』 『木綿のハンカチーフ』 『サザエさん』 など、誰もが知ってる名曲もたくさんあるけど、あまり有名じゃない作品も、どれを聞いてもハズレがない。

筒美氏は グループサウンズ時代 の1966年に作・編曲家としてデビュー、今年40周年なんだそうです。 最新作は なんと 仲間由紀恵withダウンローズ の 『恋のダウンロード』 。 この曲はポップスの定番とも言えるシャッフルのリズムを使っていて、程よいスイング感が心地良いですね。 本田美奈子の 『ワンウェイジェネレーション』 (1987) を彷彿とさせます。 … 氏は80年代も 小泉今日子や近藤真彦 等に多くの曲を書いてるけど、80年代ってシンセとかが流行りだして 機械チックな音源を多用してるから、今聴くと妙に古臭さを感じる。 そういう意味では、生楽器を使ってる70年代の方が逆に新鮮味があったりする。今アツいのは70年代だ

筒美京平 関連のCD
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。