“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


スウィングガールズ [2004. 映画]
監督:矢口史靖  音楽:ミッキー吉野 (ゴダイゴ) 他

今日は映画の紹介で~す。 …え~と、ぶっちゃけて言うと ストーリーも音楽もフツーな映画なんですけど、ジャズ というジャンルや ビッグバンド というジャズバンドの形態などを “( ´_ゝ`) フーン” と学ぶには とても良い映画だと思うので、まだ見ていない方は是非見てください。 「ウォーターボーイズ」 で一躍有名人となった 矢口史靖(しのぶ)監督の 次回作、という見られ方をすることが多くて 世間の評価 はイマイチですけど。

  予告編を見る

劇中で、女子高生たちが抱く 最初のジャズのイメージが 「な~んかさ、オッサンがグラス片手に聴く音楽のようなイメ~ジでねぇけ?」 みたいな話をしてますが、実際 ジャズを聴かない一般人にとっての ジャズのイメージってどんなもんなんでしょうか???

 … というのは、例えば自己紹介する時。 実際は アシッドジャズ、 クラブジャズ、 ファンク、 フュージョン、 ソウル、 ラテン などを聴いていても、 オフビート のノリノリ系・スウィング系音楽の総称という意味合いで、 「ジャズが好きです」 と言うワケですが、この言葉にジャズを知らないフツーの人達はどのようなイメージを抱くのかとても気になります…。 コレはジャズ好きにとって永遠の悩みですね~。 (-_- メ)



 劇中でも出てきますが、演歌 や 盆踊り と違って 1つの小節において 2拍目と4拍目にアクセントをおく事。 演歌では 1拍目・3拍目で手をモミながら(笑) 手拍子します。 反対に ジャズ や ポップス では 2拍目と4拍目で手拍子します。
スポンサーサイト

熱帯JAZZ楽団 IV~La Rumba~ [2000. Latin]
熱帯ジャズ楽団

熱帯ジャズ楽団の4thアルバムで~す。  熱帯ジャズ楽団は、オルケスタデラルスの第1期リーダーを勇退したカルロス管野をリーダーに、日本を代表するジャズプレイヤーが集まった比類なきラテンビッグバンドです。 オリジナル曲に加えて、ジャズスタンダードや 異ジャンル曲のラテンアレンジが聴けるのも熱帯ジャズ楽団の醍醐味のひとつ。 このアルバムでも 『 ルパン三世 』 や 『 ビギン・ザ・ビギン 』 などのカバー曲が演奏されていますが…、いちばんの聴き所は2曲目の 『Dear Mr.Jones』 クインシージョーンズメドレー

  試聴する

クインシージョーンズといえば、ジャズを中心に 映画音楽からポップス( マイケルジャクソンのプロデュースとか ) まで手がける世界でも指折りのアーティストですが … 。 そんな彼の膨大な曲の中から、『アイアンサイド』 『ソウルボサノバ』 『愛のコリーダ』 の3曲をピックアップして、メドレーにアレンジしています。 この曲の終盤の盛り上がりがサイコーで、 『愛のコリーダ』 をベースに 『ソウルボサノバ』 のフレーズが重なったりと、 まさにタイトル通り、ジョーンズへの敬愛をこめた スリリングで爽快なナンバーです。

宮崎アニメの作曲家 : 久石譲の名前の由来が クインシージョーンズなのはあまり知られていない話です。“くいし、じょー” みたいな。 でもクインシーの方が偉大すぎる …

クインシージョーンズ関連のCD

ひこうき雲 [1973. New Music]    試聴可
荒井由実

どんなアーティストも デビューしたての頃が 最も勢いがあったりしますが、 ユーミンもその例外に漏れず…。 『ひこうき雲』 は、ユーミンのデビューアルバムです。 天才と呼ばれた頃の作品。 セピア色で美しく、哀愁漂うファンタジーな名盤です。 特に アルバムタイトル曲の1曲目「ひこうき雲」は、小田和正がクリスマスの約束 第1回(2001年)でカバーしているほどの名曲。 シンプルでナイスなバンド演奏をしているのは、“はっぴいえんど” 解散後の細野晴臣(ベース) と、後の亭主=松任谷正隆 (キーボード) 、林立夫 (ドラム) 、鈴木茂 (ギター) の4人で構成される キャラメルママというバンドです。

投稿着メロサイト 「J研」 では 荒井由実 と 松任谷由実 がゴチャゴチャになっていて、荒井由実は 「松任谷由実 (荒井由実)」 というカッコ扱い。 荒井 → 松任谷 の改名の理由が 結婚によるものだけなのかは知りませんが、個人的には荒井由実と松任谷由実は別人扱いしても良いほどだと思うけどな~。 荒井由実は好きだけど松任谷由実は … という人も少なくないと思うし~。

Tribes, Vibes and Scribes [1992. Acid Jazz]
incognito

さて、本命インコグニートの登場です(笑) インコグニートは、ブルーイ(ギター・作曲などを担当)をリーダーに結成されたイギリスのジャズファンク ・ アシッドジャズ集団で、1992年にリリースされたこのアルバムは 彼らの代表曲が収録されている名盤です。曲調は一貫して、ホーンセクション入り16ビートの踊れるアシッドジャズで、歌モノあり・インストあり。
… 1曲目から インスト曲で勝負を賭けてきます。ボーカルの居るバンドがインスト曲もやるっていう事は、かなり音楽にチカラ入れてるって事かと (日本だとクレイジーケンバンドとか東京事変とか)。しかもそれを1曲目にもってくるっていう意気込み。

  試聴する

1曲目は、その昔ニュースステーションでスポーツコーナーのBGMとして使われていた、ベースのフレーズがメインのシンプルなファンク。4曲目はインコグニートの代表曲で、色んなアーティストがカバーしてるとか。7曲目は、レンタルショップTSUTAYAで流れているオリジナル有線放送で、ジングルとして現在でも使われています。10曲目は、16分のウラのウラ拍が多用されており、かつ主旋メロディーもカシオペアの 「Misty Lady」 にそっくりで ニヤリ。
確かブルーイは日本が好きと言ってたので、意図的に頂戴してるのかも
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。