“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




 FAVORITES
   伊東たけし   [ 2015. Funk ]
T-スクエアの伊東たけしさんが、好きな曲をファンクっぽいアレンジでカバーしたアルバムです(1曲だけオリジナル)。 1曲目からノリノリで タワーオブパワー の名曲をブロウ、お~カッチョイイ、2曲目は? … スクエアだ(笑)。 まぁ 8ビートでサックス1ホーンでリズム隊をしたがえたらスクエアっぽくなっちゃうのかもしれないけど。聴き慣れるとそうでもないか。試聴ではイントロから聴けないので解りにくいかも。  上記のようなワンホーン編成なのと、TPやSAXとのホーンセクションもの(シンセブラスや伊東たけしのサックスをダビングしたものも?)、3曲 EWIもの。 ワウワウギターやオルガンがナイスなファンクアルバムです。 いっぺん試聴してみてはいかがでしょう。

  伊東たけし関連過去記事
     ジャズの新しいカタチ。 (2006年1月)
       おーエントリー11だ 今読むと文脈が恥ずかしいな

  関連動画いろいろ ( 削除後の場合は御了承下さい
      What is Hip?   本家TOPオリジナル   マーカス・ミラー 
       One Note Samba     セルジオ・メンデス
        That Girl     スティービー・ワンダー
スポンサーサイト
じゃけじゃけぇ


GooPunch! 2nd
 GooPunch   [ 2009.Funk ]
スカパーの番宣をきっかけに知った、イケイケゴリ押しのファンク集団 : グーパンチのセカンドアルバムです。 悪い意味ではありませんが 基本的にテナーとアルトが ユニゾンやハモリで 単調なフレーズ・リズム・ビート を繰り返す曲が多いので、ライブよりもCDを、運転しながらとかネットしながら聴くのがイイかも??? まだメジャーでないからか アマゾンやHMVなど有名店では なかなか在庫が無くて … 買うなら ココ でしょうか。

オマケ動画 ( 削除後の場合は御了承下さい
     『 COMPLETE SHOT 』 グーパンチ!うりゃ~
     『 CAPTAIN BUCKLES 』 ちょっとハネる感じ

ベスト・オブ・キャンディ・ダルファー
キャンディー・ダルファー [1998. Funk]    試聴する
オランダ出身の “ファンキーサックスねーちゃん” こと キャンディ・ダルファー のベスト盤です。 最盛期(?)だった90年代後半に集中してアルバムを発表していますが、後半 打ち込みに走ったり ボーカルもやり始めてから勢いが無くなって今に至る … という感じのアーティストさんです。 雑誌のインタビューなんかで本人も語っていますが、ホーン入りの古き良き音楽に多大なる影響を受けているようで ( ジェームズブラウン のバックバンド : JB'S や カバーもしている アベレージホワイトバンド など ) それが彼女の音楽に ニジミ出てますね。 まぁアーティストたるもの皆そうですけど。 プリンス や 元 JB'S の “ゴリゴリファンクおじさん” こと メイシオ・パーカー と交流があって、お互いのアルバムにゲスト参加しています。 あと不確か情報ですけど、デビュー前は プリンスのライブの前座を務めていたんじゃなかったっけ。 … 1曲目は クール&ザ・ギャングセレブレイション をフィーチャー?(笑)

  AWBのカバー曲 ( 動画移動後の場合は御了承下さい

you and me [2004. Funk]
PHAT PHUNKTION

ファンクといえば真っ先に思い浮かぶのはタワーオブパワーですが。そんなファンクの代名詞的グループに敬意を表しつつ、ジャズ・ファンク・ソウル等のジャンルを融合させつつ、ラップやスクラッチといった新しい要素も導入している注目のファンク集団、ファットファンクションの紹介です。

バンド編成は、トランペット×2 ・ トロンボーン ・ サックス ・ ギター ・ ベース ・ キーボード ・ パーカッション ・ ドラムの9人で、このうちサックス・トロンボーン・キーボードの3人が楽器とボーカルを兼任。 …確か ライブのムービーファイルがCDに収録されていて、サックスを弾きつつ歌う姿はサイコーにファンキーでした。体型もファンキーでしたが(笑)。

試聴する

以前 マルタのUKファンク を紹介した時も書きましたが、個人的には タワーオブパワー や メイシオパーカー のような ゴリゴリファンク は好きでないので(全部同じ曲に聞こえてくる!)、聴きやすいファンクという意味でオススメの1枚です。 チックコリア や メイナードファーガソン との共演経験もあるとか。結構前面に出てくるノリノリカッティングギターもカッコイイです。

DECADE [2001. Funk]
村田陽一ソリッドブラス

日本を代表するトロンボーン奏者:村田陽一率いる異色管楽器ユニットの10周年記念ベスト&リミックス集です。 村田陽一は、ジャンルの垣根を越えて 演奏・作曲・編曲・プロデュースなどの多彩な才能を発揮している注目のアーティスト。 そんな村田陽一が編成にこだわりを持つソリッドブラスは、トランペット×2、トロンボーン、サックス×3、チューバ、ドラムと個性的で、エリック宮城・西村浩二(トランペット)、本田雅人・山本拓夫・小池修(サックス)、佐藤潔(チューバ)、村上“ポンタ”秀一(ドラム)などが主なメンバーです。 …1曲目のドナ・リー~サム・スカンク・ファンクを皮切りに、ソリッドで気持ち良いホーンアンサンブルやユニゾン早弾きを展開しつつ、ブラッド・スウェット&ティアーズ(伝説のブラスロックバンド)、ジャコ・パストリアス(伝説のベーシスト)、ジミ・ヘンドリックス(伝説のロックギターリスト)等のカバーでアレンジャーとしての実力も発揮。BBクイーンズの近藤房之助(笑)、桑田啓祐、Char(ギター)、マイケル・ブレッカーや渡辺貞夫(サックス) などゲストも豪華です。

  試聴する

Jポップで、ホーンセクションがカッコイイな~と思った曲のクレジットを見ると “またか!” とか “やっぱり!” ということが多々あります(笑)。 …ということで、演奏やアレンジで関わったアーティスト・作品の一部を列挙してみました↓
サザンオールスターズ、米米クラブ、オリジナル・ラブ、井上陽水、南佳孝、矢沢永吉、布袋寅泰、中西俊博、山崎まさよし、福山雅治、Da Pump、少年隊、SMAP、KinKi Kids、TOKIO、ピチカート・ファイブ、マイ・リトル・ラバー、和田アキ子、中森明菜、小泉今日子、今井美樹、鈴木蘭々、bird、hiro、松浦亜弥、吉田美奈子、小野リサ、山弦、向井滋春、T-スクエア、ポンタボックス、オルケスタ・デ・ラ・ルス、スィング・アウト・シスター、テレビドラマ『古畑任三郎』、アニメ『カウボーイビバップ』 など…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。