“ちょっとジャズ” な情報基地 アンチテーゼ

★ ジャズ好き音楽バカによる駄弁ブログ。ジャズテイストのあるJポップなど様々なジャンルのメディアを紹介しているつもりで~す ★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

BSJAPANで放送されている “ROCK TIMES” という番組で、アース・ウィンド&ファイアー特集をやっていましたー。  MCのクリス・ペプラーが 音楽評論家の萩原(健太)さんに 「萩原さんにとってアースはどんなグループですか?」 と聞くと、「やっぱ16ビートってことかなぁ~。シンコペーション!」 と即答。 その後も “曲調で前期と後期に分けられる” など、なるほど( ´_ゝ`)フーンという 面白い発言をしていました。

初期のアースは、ジャズ&フュージョンの、女子供は聴くなよ的な、シンコペーションのカッコイイ硬派なバンドだったけど。 後期になると、16ビートの 裏の裏拍から “ダッ!” と入るような、ややこしい事はやめようと。 おじいちゃんもおばあちゃんも踊れるサウンドになっていった。 ディスコがアースを変えていった。 … と、Let’s Gloove を口ずさみながら チビっ子の御遊戯のように手を横に振る仕草をしていました。 なるほどー、時期による曲調の違いは気が付かなかった。 リアルタイムじゃなくて、コンピレイションやベスト盤とかで聴いてるからか。

  オマケ動画 (消えてたらすんません
     前期の曲? …               ウィキペディア
     後期の曲? …    
スポンサーサイト

NHKのSONGSでマイラバことMY LITTLE LOVERを見ましたー。昔よく聴いたっけ。デビューが95年でアルバムも同年に出してるので、聴いてたのは高校生の頃だ。 番組中に流れた曲とか 当時の映像とか 懐かしかった。 PCのフォルダを見てみたら、なんだアルバム持ってるじゃないか。Hi-MDを使って せっせとMP3にコピーしたヤツだろうか。  … お。当時は意識してなかったけど、なるほど 16ビートでハネる感じだったり、ブラスのバッキング(シンセだけど)とか ワゥワゥエフェクターのギターとか オルガンとか、スガシカオみたいなファンクっぽい曲や王道シャッフルも。今聴くと違った発見があって面白いかも?

ん~、スタジオライブは演奏者が居ない音がしてキモチ悪かったなぁ。 最近流行りの?マニピュレイションなんだろうけど、せっかくの?再始動なんだから?豪華ベテランホーンセクションやストリングス、コーラスが居たら面白かったのに。なんかワケありなのかな。

なんかホソノさんみたい
   NHKの公式ページ  1stアルバムを試聴する  ウィキペディア
   オマケ動画 (消えてたらすんません
     Man & Woman (1995.5/1 発売)   My Painting (←のC/W)
        白いカイト (1995.7/3 発売)    SONGS (2015年11/28 放送)          
toshimukashi.jpg
“なんだ、結局 企画モノが好きなのか” と言われそう … というか実際そうなのかもしれないけど。 先月放送された27時間テレビの “FNSドリームカバー歌謡祭” と称したコーナーが面白かったので 動画のリンク貼ってみまーす。 消されちゃってたらすんまそん。
wadadrif.jpg
“もぅ ひとりで … 歩けない” なんてはじまりそうな、XジャパンTOSHIによる YOSHIKI風 “にっぽん昔ばなし”。 Xのバラードコレクションを昔よく聴いてたこともあって 面白かったです。 もひとつ良かったのが 和田アキ子による 古い日記風 “ドリフ大爆笑オープニングテーマ”。ホーンセクション、カッティングギター入りの16ビートでカッチョイイアレンジでした。ハッ!

  オマケ動画 (消えると思うのでお早めに
    同じだけど幾つか貼っときます
      TOSHI 『にっぽん昔ばなし』      
    和田アキ子 『ドリフ大爆笑 オープニングテーマ』      
    秋川雅史 『THE TAKECHANマン ~タケちゃんマンの歌~』     
best10.jpg
各局が音楽特番をちょこちょこやってて、ほとんどが若者アイドルの御遊戯ばかりになってる中、TBSで面白い企画がありました。
tbsoche.jpg
そうかーオーケストラだとこういうことができるんだ。 おっ、西村さん(tp)だ。バストロは山城さんかな? 個性の出ないユニゾンボーカルならアイドルでもイイなぁ、ハモリもいいじゃん。 ドリフ、舞台で火薬使うってスゴイな。 そうかーベストテンのテーマって何気に16ビートだったのか。ハイハットがチキチキいい感じ。 ハネケンさん…。   ときおり映る司会者とか おかしな感想が残念でした。

  オマケ動画 (消えると思うのでお早めに
    同じだけど幾つか貼っときます (途中からのも)
     TBSテーマ音楽メドレー     

なんちゃって音楽一家のウチの食事どきは、火曜日はNHKの歌謡コンサート、木曜日はテレ東のモクハチ、その他、打ち込み 口パク 弾きマネ 御遊戯 でなければ とにかくとりあえず音楽番組が選局されているんですが。 最近、NHKの歌謡コンサートに変化が見られます。   … 比較的若い、異色な歌手が1組・または何組か出演したり、演歌歌手による昭和歌謡カバーが多くなったりっていうのは以前からあったんだけど、セットやカメラの動きも変わってきたような感じ。

スタジオじゃなくてステージだから 夜ヒットのダンさんニューブリードほど前に出てこれないものの、以前よりは若干見えるよう前に出てきて、セットの形によっては結構見えるし、見えるだけにバンドの配置が変わってるのが判ったり (上の上の画像ではサックスが左側ストリングスの後ろに) 。 歌手よりもバックバンドを見るウチとしては (僕だけか?) 面白くなりました。   … これらの “出演者やセットの変化” について、視聴率を採ろうとしてるだの、J‐POPの歌い方が出来ない演歌歌手の歌唱が酷いだの、そもそも歌がヘタクソだ、 などといった感想をネットで見かけるけど、変化があって面白いのでは? フジも日テレもテレ朝も、みんな考えながら ・ 模索しながらやってるワケだし。 見たいヤツを見ればいいじゃん。

  おまけ動画いろいろ ( 削除後の場合は御了承下さい
       ダンさんニューブリード
   夏にご用心 ~ ねぇ!気がついてよ /桜田淳子    霧のめぐり逢い/岩崎宏美
   津和野ひとり/森昌子   春ラ!ラ!ラ!/石野真子   裸足の季節/松田聖子   
       綱木さんニューブリード
     バンド紹介 (誰かのMIX付き)     歌謡コンサート/夢の競演 歌謡ナイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。